どうしようもないうつ症状に悩まされたら専門医に相談【病院で治療】

医者

医療機関を選ぶポイント

病院

精神科か心療内科

うつ病の可能性を認識した場合、病院にかかることをまず考えるのではないでしょうか。では、実際病院を訪問する際にはどの科を尋ねればいいのか見ていきましょう。うつ病を見てくれる科は、主には精神科と心療内科となります。違いを簡潔に述べますと、精神科は心のケアを行います。一方で心療内科は症状に対する体のケアを行います。体に具体的な症状が出ている場合は、心療内科を訪問するようにしましょう。心療内科でもうつの症状が深刻でなければ治療をおこなってくれます。それに対し、うつが深刻で、心のケアが相当に必要な場合は精神科を訪問すべきでしょう。かかった病院の専門医が精神科医なのか、内科医なのかでアプローチが違ってきますので注意を要します。精神科医であれば、患者さんの状態をしっかり把握するために、問診やカウンセリングに十分な時間を割いてくれることでしょう。心のケア、とくにうつ病にはまず患者の話を聞き、共感することからスタートと考えている精神科医がほとんどだからです。精神医学や心理学に基づいたカウンセリングを行う点が精神科医の特徴なのです。総合病院では、科が充実していますので他科の診療もできる点は大きなメリットとなります。

医師との相性と通いやすさ

うつ病を早く治すためには、病院選びは大変重要です。ここでは、病院選びのポイントについて述べます。医師との連携が何より重要になってきます。「医師との相性」そして「通いやすさ」は必須条件と考えてください。近くていい先生を探すには、近所の人のクチコミは大変いいヒントになります。ここで医師の評判がいいようでしたら、選んでみても良いでしょう。クチコミサイトの利用も良いでしょう。また、かかりつけの病院があし、何か症状があるのでしたらまずはそこで見てもらっても良いでしょう。精神科や心療内科の紹介状を書いてもらえた場合は、初診の際の料金が安くなるというメリットが出てきます。また、職場に産業医がいるようであれば、上司に相談してみて、産業医にみてもらうべきです。産業医は、心のケアについても知識を持ち合わせていますし、精神科や心療内科にもパイプを持っているケースが多いため、病院の紹介もスムーズに行くでしょう。使えるパイプは一つでも多く使いましょう。ひとりで抱え込まずに「うつかも」と思ったならば、まず家族や会社の上司に相談してみることから始めてみましょう。

早めの受診と治療が大切

うつ

気持ちが沈む状態が長く続いたり、何をするにも億劫を感じるようなときにはうつ病を疑う必要があります。他の病気と同様に、徐々に悪化する性質もあるので早めに病院にいくなどの対策が必要です。時間はかかりますが、必ず治る病気なので根気よく治療を受けていくことが大事です。

明るい未来のために

病院

うつは心の風邪なので、長引いてしまうと症状が悪化する恐れがあります。周囲の協力も大切ですが、一番は専門的な知識を持つ病院に行くことです。未来が明るいということを刷り込ませることによって、状況を打破できるのです。

治療が必要な心の病気とは

うつ

うつは、ストレスや環境の変化などによって脳内の神経伝達物質の代謝のバランスが崩れて起きる病気です。脳の働きが影響しているので病院での治療が必要です。うつを発病した場合は早めの受診と休息が大切です。うつは、きちんと治療を受ければ改善して行く病気です。我慢せずに病院で治療を受けるようにしましょう。

気をつけたい病気

病院

病院でうつ病と診断されたら早めの治療が必要です。少しでも早く患者を楽にして元に戻しましょう。うつ症状がひどく進行しますと最悪の事態が起こり、自分の存在を否定してしまいます。とても危険な病気ですので周囲の方の理解と協力が必要です。

一人で悩まず相談を

病院

うつ病は決して気分の問題ではなく、脳内の神経伝達物質の減少によって引き起こされる病気と考えられています。放置すると悪化する恐れもあるので、病院で適切な処置を受けることが大切です。うつ病の治療にはいくつかの方法がありますが、早期に治療することで副作用のある薬に頼らずに治療が行えます。